jonathan-turner

Jonathan
Turner

ジョナサン・ターナーは、ニューヨークを拠点に、映画、ビデオ、アニメーション、写真撮影のアーティスト、及びディレクターとして活動しているアーティストです。

世界的有名な建築界会社”Diller + Scofidio”で働いた後、デジタルメディアの研究を始め、パフォーマンスとインスタレーションの関わり、テクノロジーを用いることにより人間と自然の関係性を調査していました。

そして、ミュージシャン“Glasser”“Dutch E Germ”“Pandreas”、アーティスト“Pierre Soulage”“Tauba Auerbach”、ファッションデザイナー“Hood by Air”、“Telfar”らと、コラボレーションを行いました。

個人の活動は、アーティストグループYemenwedとも行われ、the Perez Art Museum(マイアミ)、Tate Modern(ロンドン)、MoMA(ニューヨーク)、MoMA P.S.1(ニューヨーク)、MOCA(ロサンゼルス)、Palais de Tokyo(パリ)、Mori Art Museum(東京)、MAD(ニューヨーク)にて展示されている。

そして、日本と強い関係性を持ち、AVEXのHip HopアーティストAnarchyのドキュメンタリー映画“Danchi no yume”の監督をSam Coleと共に行った。

 

Rituals
Cycles
Technology

Work

‘Creature’

Fashion Forward

 

Work with
Jonathan Turner
E-mail us

 

Explorer of media
and performance in the
human and natural
world