Blog

08-22-2018

キレイモがニューヨークのストリートを占拠!

日本の有名な美容サロン・キレイモの新しい広告では、ガールズ・ギャングがニューヨークの通りを占拠します!ヒデオキプロダクションは、日本の素晴らしいクリエイティブの方々とコラボレーションし、この作品を制作させていただきました。

キレイモのキャンペーンは、キレイになることは恥ずかしいことでも、弱いことでもないということを伝えます。いえ、このCMが届けようとする新しいメッセージのは、「美しいと感じるのは勇気付けられること」という新しいメッセージなのです。<.p>

この可愛らしくおしゃれなピンクのCMは、街をピンク色に変えてしまうだけではありません。「あなたが変われば、世界も変わる」というキャッチフレーズは、女性たちに、私たち1人1人の行動が重要で、自分自身に対する思いが世界を変えることもできるというパワフルなメッセージを伝えています。”100%___GIRL”と書かれたパーカーを女の子たちが着ているのは、女の子は自分がなりたいものに100%なれるということを示すためです!

キレイモのイメージキャラクター渡辺直美は、日本のステレオタイプや偏見を壊すようなパワーを持った女優です。彼女は、コメディエンヌ、ファッションアイコン、そしてデザイナーとして活躍し、持ち前の勇敢さで多くの人々の心を鷲掴みにしています。そう、彼女は、自分がなりたいと思うもの、なれると信じるものになれるのです。”100% ガール・パワー”を体現した存在と言えるでしょう。カリスマ、強さ、そして心構えを兼ね備えた、渡辺直美さん。私たちは、100%ポジティブなメッセージを受け取ることでしょう。

ヒデオキ・プロダクションは、このワクワクするようなプロジェクトをCIRCUS Inc.Dance Not Actの方々と一緒に作ることができて大変光栄でした。映画「ブレード・ランナー」のようなロケーションをニューヨークの中で探すことはとても楽しい経験でした。
撮影時には、ダウンタウンのストリートは閉鎖され、濡らされ、光で照らされ…大掛かりなプロダクションでした。

ヒデオキプロダクションはこのCMの制作に関わっただけではなく、アメリカでのキャスティングも担当しました。
モデル、スケートボーダー、バトンガール、ピンク色のランボルギーニ?
どんなご要望でも、お待ちしております。

 

クレジット:

  • エグゼクティブ・ディレクター: 浅田学 (CIRCUS)
  • クリエイティブ&アート・ディレクター: 後智仁 (WHITE DESIGN)
  • デザイナー: 村田渉 (WHITE DESIGN) 橋本透 (MILK)
  • コピーライター: 辺潤平 (WATANABE JUNPEI)
  • ディレクター: 田中裕介  (CAVIAR)
  • 撮影: 田島一成 (MILD)
  • 照明: HIGASIX (WHITNEY)
  • プロデューサー: 佐野陽一  (Dance Not Act)
  • プロダクション・マネージャー: 南條都 (Dance Not Act)
  • 制作(アメリカ): Hideoki Productions Ltd.
COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SHARE

Recent Posts

Mai's Corner